普天間基地の移転問題で連日ニュースを騒がしている。移転場所の選定にも地方自治体とアメリカ相手に猛反発をうけ、結果見事に支持を失っている。岩手の知事が民主党員であるが、この事態を見かねてそれならうちの県に代替施設を建ててもいいぐらいは言ってもいいのではないかと思うことがある。もちろん猛反発は必死だろう。ただ、反発してもこれまで沖縄が担ってきた負担をこれからは自分たちで肩代わりしていこうじゃないのという心意気ぐらいは示してもいいのではないかと思うし、それで説得というのも成り立つところがある。日本人は広い意味で本当に思いやりの心も持てない、器の小さい人間ばかりになった。これが悲しい現実である。
 さて私は一方で地方分権というものを独自で研究してきた人間である。地方分権の論点で沖縄を語っていくと、沖縄は道州制で言えば、ある種特権を持った一つの自治州とすべきという意見が大勢を占めている。私は道州制に対する基本的な意見として「道州制は反対であり、地方自治体の種類を一つにすべき」という人間であるため腑に落ちないところはあるのだが、沖縄に関しては多少の一家言がある。沖縄における道州制というのは、どうしても内地との格差が生じるために是正を行う形で特例を設けてやっていきたいという考えで推移している。この特例について、唱えるところ以上に範囲を拡張してはどうかと思えるところがある。例えば外交について。これは日本政府から独立して持つべきではないかと思うのだ。普天間基地の移転問題で日本政府の対応の弱さが露呈してしまっている現状をみればみるほど、むしろ沖縄とアメリカが直接対等な立場で外交論議ができるようにした方が、軍縮にも沖縄の住民意識を考えた上でもいい選択ではないかと思うところがある。国際法的に難しいのであれば、さらに発展させ、道州制の導入する意義も踏まえて、沖縄は独立国家にすべきではないかと最終的には思うのだ。でなければ、こんな国政・マニュフェストに振り回される沖縄の人達がかわいそうだ。
 沖縄独立について、さまざまな観点・見解からこの考えを持った人は少なからずいる。一応私は地方制度改革の論点から沖縄独立というアプローチの考えを持つわけであるが、この考えを持つ人というのはどのくらいいるのだろうか?気になるところである。
広告