市町村合併:平成の大合併、打ち切りへ 背景に周辺地域衰退も--総務省
 
 という具合で、市町村合併に関しては一段落が着きそうな様相であります。
 この施策に関する評価は、これから出てくると思います。それも踏まえて敢えてまとめれば、メリットとして言われている行政の効率化という側面においては効果はあったと思いますが、自治体財政の強化や住民サービスの向上、総合しての地域力の向上については大きくマイナスしたと思います。それを懸念して地域自治区を設置義務化を大きく提言すればよかったかと思いますが、出来なかったのが大きな悔やみです。もしできることなら、政党に対して「制度案の詰めは俺に任せろ!」くらい大声で言ってもよかったのかもしれません。遅くはないかもしれませんが。
 これと前後して、全国町村会または日本経団連で道州制に関する提言がなされておりました。これも詳しく読んで、これにおいて評価しようと思います。ここんところ忙しかったもので。
広告