政府の「地方分権改革推進委員会」は24日の会合で、「住民本位の分権型へ抜本的な転換を図る」ことを
柱とする「基本的な考え方」の素案をまとめた。
   ・住民本位の分権型社会への抜本的な転換
   ・民主導の地域再生の実現
   ・税源配分見直しをはじめとする地方税財政全体の抜本改革
   ・地域間の財政力格差の縮小を図り、東京などに税源が偏在する状況も念頭に置く
   ・国の地方支分部局などの廃止・縮小
   ・自治行政権、自治財政権、自治立法権を有する地方政府の確立

とまあ、これが昨日の地方分権改革推進委員会で出された地方分権の基本的考え方となるのですが、これを
見て、自分の考えている地方制度改革案が絶対にふさわしいものであることを確信しました。自信を持って、国
に対して提案します。生活は苦しいですが、頑張ります。

広告