ホーム

地域のための複合型産業育成スペース[FAMLAB] 

from Kazuyuki Kawamura

 柔軟な地域自治が可能な地方制度改革案、コワーキングスペースの立ち上げ・運営と活動しておりますが、その副産物として、「FAMLAB」という地域と地域外の人とを結びながら、地域の産業を興していく多目的コミュニケーションスペースを考えました。
 「FAMLAB」は、3Dプリンタなど最新鋭のものづくり機器を備えた地域の工作スペースである〔FABLAB〕、様々な職種や学生と交流しながら事務作業や営業、モニタリングなどができ起業家育成や産業交流からのコラボビジネスの場となっている〔コワーキングスペース〕、地域のドライブインや野菜などの地場産品販売スペース、食堂、イベント広場、駐車場を備えた〔道の駅〕、それぞれの機能を合わせた、地域の産業育成を兼ねた多目的地域活性スペースです。プラスアルファで直営の農場や牧場、釣り船や養殖いかだ、食品加工場にあるような調理用設備などがあれば、もっと効果的なスペースになります。
 FABLABができることで、農水産業とIT、体験観光とを掛け合わせた第6次産業の地域拠点としてだけでなく、地域の就労支援スペースとしても、絶大な効果が期待できます。これが現在の市町村に1つ、または私が唱える地方制度改革案でいうところの「区」でいくつかの区でまとまってオープンすれば、過疎化に悩むことのない地域機能が持続可能な社会を間違いなく確実にできます。その位自信があります。
 こちらのプレゼンをご覧になって、やりたい地域があったら、是非うちまでご連絡ください。一からお手伝いさせていただきます。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。